倉庫への入荷連絡|販売管理・在庫管理のクラウド型システム セルフィー

使い方ガイド(売り手会員様向け) 一覧

入荷処理すると、仕入伝票が自動的に起票される

(初級) 倉庫に発注した商品の入荷連絡をする(入荷管理)

【メニュー】 入荷管理

発注した商品の「発送連絡」が仕入先から来たら、それを倉庫に入荷連絡します。

■まずは”入荷待”に
「入荷管理」の“発送連絡待ち”画面に表示されている発注伝票を、“入荷待”の状態に移します。
該当の発注伝票を選択し、「入荷待にする」ボタンから、仕入先から連絡を受けた発送情報を入力した上で処理します。

■次に倉庫に入荷連絡
倉庫に入荷連絡するための情報データをCSV形式でダウンロードします。
“入荷待”画面にて該当する発注伝票を選択した上で、「選択行をダウンロード(入荷連絡)」ボタンをクリックすることで出力できます。

■倉庫アカウントを利用すると自動で通知連絡されます
物流倉庫に対して”倉庫アカウント”を発行することにより自動的に”入荷待ち”への連絡ができます。


(初級) 倉庫への入荷を対応済みの状態にし、仕入伝票を起票する(入荷管理)

【メニュー】 入荷管理

倉庫への入荷を対応済みの状態にし、仕入伝票を起票します。

■まずは、
「入荷管理」の“入荷待”画面に表示されている発注伝票を、“入荷済”の状態に移します。
該当の発注伝票を選択し、「入荷待にする」ボタンから「入荷日」を指定した上で処理します。

■入荷済にすると、
自動的に仕入伝票が起票されます。
【メニュー】仕入・出金管理 > [一覧]仕入伝票 からご確認ください。

■入荷済にすると、さらに、
「発注残」から「現在庫」に在庫の扱いが変わります。
今まで、商品マスタの各商品ページにある「在庫詳細」で、「発注残数」に値が反映されていましたが、「帳簿在庫」、および「引当可能数 > 現在庫」として反映されるようになります。

※「引当可能数」についての説明は下記、ご参照下さい。
URL

■入荷前に予約販売し、それを在庫の引当先として指定していた受注伝票は、
当発注伝票が“入荷済”になったことによって、受注伝票の伝票状態が“入荷待ち”から“出荷待ち”に変わります。

【メニュー】出荷管理 から、倉庫に出荷指示を出すことができるようになります。

※「出荷管理」についての説明は下記、ご参照下さい。
URL

■仕入伝票の起票と同時に、支払データも作成されます。
入荷処理した発注伝票の取引条件が“掛支払”の場合は、支払データも作成されます。

【メニュー】 仕入・出金管理 > [一覧]出金伝票