出荷対応済みの状態にし、売上伝票を起票|販売管理・在庫管理のクラウド型システム セルフィー

使い方ガイド(売り手会員様向け) 一覧

出荷処理すると、売上伝票が自動的に起票される

(初級) 出荷対応済みの状態にし、売上伝票を起票する (出荷管理)

【メニュー】 出荷管理

■倉庫からの出荷を対応済みの状態にし、売上伝票を起票します。
仕入先から直送出荷する場合も同様の対応になります。

■出荷済にするには、
「出荷管理」の“出荷待ち”画面に表示されている受注伝票を選択し、「出荷済にする」ボタンから「出荷日」や「送り状No」などの発送情報を入力した上で処理します。
もしくは出荷済ファイルをインポートすることで一括で処理することもできます。
「出荷管理」メニューの“[一括取込]出荷結果ファイル”画面からインポートできます。

■出荷済にすると、「受注残」の扱いではなくなるため、
出荷数分、「帳簿在庫」が減数されます。「商品マスタ > 在庫詳細」画面にて確認できます。

■出荷済にすると、
自動的に売上伝票が起票されます。
【メニュー】売上・入金管理 > [一覧]売上伝票 からご確認ください。

■売上伝票の起票と同時に、請求データも作成されます。

出荷処理した受注伝票の取引条件が“掛請求”の場合は、請求データも作成されます。

【メニュー】 売上・入金管理 > [一覧]入金伝票


(初級) 倉庫に出荷指示を出す (出荷管理)

【メニュー】 出荷管理

■倉庫に出荷指示を出す
倉庫に出荷指示を出して納品の手配を取ります。

■まずは“出荷待ち”に
「出荷管理」の“出荷指示前”画面に表示されている受注伝票を、「出荷予定日」を指定した上で“出荷待ち”の状態に移します。

■次にピッキングリストを出力し出荷
「出荷管理」の“出荷待ち”画面を開いて、倉庫に指示を出すための【出荷指示データ(CSV)】と、荷物に同梱してもらう【納品書データ(PDF)】を出力します。

対象となるデータを検索して絞り込んだ上で、【選択行をダウンロード(出荷指示)】ボタンや【納品書を出力する】ボタンからデータを出力します。


(初級) 得意先へ発送連絡のメールを配信する (出荷管理)

【メニュー】 出荷管理

■出荷した商品の情報を得意先へメール連絡します。

■「出荷管理」メニューの“出荷済”画面を開いて「発送連絡メールを配信する」ボタンをクリックすればメールが自動配信されます。

■メール配信できる対象は、システム上でアカウントを開設している得意先のみになります。


【tips】 「セット品」の出荷データについて

【メニュー】 出荷管理

■「セット品」の出荷データは、セットとして組み合わされた商品を個別に表示します。

■例えば、 
「商品A」と「商品B」の組み合わせで、『セット品α』を商品マスタで登録していた場合、『セット品α』が登録された受注伝票を出荷指示データとしてCSV出力したら、「商品A」と「商品B」がデータとして表示されます。